がんばれ!桃田選手 ★ 生かされていることの意味

Uncategorized

13日の早朝、遠征先のマレーシア・クアラルンプールで交通事故に巻き込まれた桃田選手のことを聞いたとき、日本中のみんなが心配したと思います。
なにしろ、2016年のとばく事件から立ち直って、やっと心技体が正真正銘の王者にふさわしくなり、金メダル間違いなし! と誰もが思っていたんですから・・・

でも、最近の桃田選手をはじめ、バドミントンの選手は毎週のように試合に出ていて大変だなあ。疲れないのかな。と思っていました。なので、桃田選手は事故のショックが大きいと思うけど、神様から少し休みなさいというメッセージをもらったと思って、心身ともゆっくり休んでリフレッシュして欲しいと思います。全身打撲や顔に裂傷を受けたものの、バドミントンができなくなるような重傷でなかったことが不幸中の幸いです。

人は生きているのではなく、生かされているんだということかな。そして、その意義を見つけるために生きているのかもしれません。2016年に事件が発覚、処分を受けてからの彼の姿をずっと見てきました。あの頃は、ちょっとイケメンと騒がれて、茶髪でイケイケみたいな感じで嫌いでしたが、事件後、本当にまじめにバドミントンに打ち込んでいる姿を見てきたので、心から応援しています。桃田さん、ゆっくり休んで、自分を信じて、がんばって!