株主総会「8159(株)立花エレテック」お土産は・・・

株主総会

(株)立花エレテック 第90回定時株主総会
2019年6月25日(火) 10:00~ 本社9階ホールにて

総会出席者が多いようで、第1会場~第3会場まで用意されていました。
本町通から見た時は、さほど大きいビルとは思いませんでしたが、なにわ筋側から見たら、立派な本社ビルです。(写真は本町通から撮影)

定刻どおり10時に総会が始まり、渡邊社長さんが議長を務められ、監査報告、事業報告、会計報告と進んでいき、その後の質疑応答では、3人の方々が質問をされました。

◆ 一人目の方の質問は・・・今後の配当性向について、同業他社と比較するともう少し上げられるのではないか。またIR説明会など開催する予定はあるか。
これに対する回答は、最近は基礎業績イコール株価上昇とはならない。当社の業績は良くなっているが、業績結果を見ながら配当を増やしていく。
IRについては、個人投資家対象に年3~4回、企業を対象に年2~3回行っている。

◆ 二人目の方の質問は・・・海外への事業展開について、アジア方面へ進出しているが、アメリカやヨーロッパ圏への事業進出はされないのか?
これに対する回答は、我々の身の丈で考えて、海外への進出は人材的な面からもアメリカやヨーロッパ圏への進出は考えておらず、アジアでの特化を考えている。

◆ 三人目の方の質問は・・・東証の再編について、東証一部に残るための条件が示されてから対応するのでは遅いので、今からできることをやって、是非とも一部に残って欲しい。
これに対する回答は、まだ条件が示されていないが、時価総額250億円以上はクリアしており、女性役員の登用については、東京と大阪では環境が異なっており、まず第一歩として女性リーダーを育てていく。

総会では、議長の発言の後に拍手があったり、何となくですが、昭和の時代の総会っぽい感じがしました。(昭和の時代の株主総会には出席したことありませんが)それから社長さんもおっしゃっておられましたが、業界の風土が男性社会的なのか、男性主体の会社という印象を受けました。

10時50分に総会が終了し、11時から懇親会が始まりました。案内をいただいた時、どんな風にやるのかな?と思っていたんですが、スクリーンも交えて、社長さんが昨年の会社事業や決算、今後の見通しなど、1時間ほどかけてお話しされました。
初めての懇親会だったので、他社さんがどんな様子かわかりませんが、総会で話きれないことを懇親会で話すという感じなのかな。着席したまま同じような話を聞くのが、正直しんどかったです。

そして12時ちょっと前から昼食として「なだ万」のお弁当が配られました。総会後、すぐにお弁当が出てくるのかなあと勝手に思っていたのですが、会社へ行く時間も迫っていて、大急ぎでお弁当をいただき、会場を後にしました。

会社内に産官学連携の3Dプリンターの展示室があり、自由に見ていいとのことで、興味あったんですが、残念ながら時間がなかったのでパスしました。来年は、ゆっくりお弁当を味わって、展示室も見てみたいです。
お弁当とは別にユーハイムのお菓子もお土産にいただきました。ありがとうございました。

先を見据えて堅実に足元を固めている会社だなと思いました。これからも引き続き応援したい会社です。