京都「仙太郎」黒豆黒米おはぎ

美味しい話

昨日、従姉妹と天王寺のアポロシネマへ映画「AI崩壊」を観に行ったんですが、その時お土産に「仙太郎」というお店のおはぎをいただきました。そんなに甘くなくて、ペロリと食べられるということだったんですが、フタを開けてビックリ!何これ!?こんなん見たことない!ものすごいインパクトがありました。


これが、あべのハルカス近鉄本店限定の「黒豆黒米おはぎ」です。この「黒豆黒米おはぎ」は、青じそ入り黒米生地に、丹波黒豆をつけて、粒あんを包み上げたもので、一口食べると素材の良さが分かります。確かにペロリと平らげてしまいました。(^ ^;)
以前、食べた「柿千」の「ぼたもち」もめっちゃ美味しいんですが、この「仙太郎」の「黒豆黒米おはぎ」は外側がお米で内側が粒あんという逆パターンでほんと美味しかった~

割ってみると、中は粒あんで、上品な甘さで何個でも食べられそうな感じです。
世の中には、いろいろ美味しいもんがあるんですねえ・・・